リバーズ オリジナルTシャツ

 

 

 

 

 

 

 

いきなり画像で失礼いたしました

リバーズの野口です。

 

今日はこのTシャツについての記事です。

リンク先はブラックボックスロゴTのレッド

こんな商品が8色

Vネックのワンポイントのデザインでもう2色

 

 

 

 

 

種類は豊富です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みてください!

たった2色だけでも個性って出るんですよね

 

色って大事なんです

 

ビビットなカラーは爽やかになるのに対して

 

 

黒はちょっぴりルードな大人のイメージ

 

 

 

 

 

当然の話ですが

 

 

 

色だけではなく

着る人によっても印象は変わる!

 

 

卓球のプレーも十人十色

 

 

 

しっかりした着心地ながら

着ているものでも個性が出るように

いうような感覚で作ってます。

 

あんまり卓球界ではないイメージになってるんじゃないかなーとも思っています。

卓球という文字はタグにかろうじて入っているくらい・・・

 

 

 

こんな感じです。

 

遊び心はしっかり持って欲しいし、

ラフにタフに着てほしいです!

 

 

ちなみにJTTAは入っていません!!

これは申し訳ないですが、大会で使われる場合は審判長の許可をもらうなりしての使用が好ましいです。

基本的に練習着なんですが、それでも結構使える試合は多いはずです。

 

 

ではちょっと着用例を色々紹介します。

ブレまくりの写真が多いのですがすいません。。。

 

 

販売第一号

神奈川から柿澤君

僕の同級生でエース張っていた彼はバーガンディを選んでくれました。

復帰して以来どんどん強くなっている気がする。。。

 

同じく神奈川の森君

彼も同世代です。

青いパンツに青合わせてくれています。

いいセンスだと思います。

 

神奈川の小山君

オレンジをチョイス

オレンジは思っていた以上に人気カラーです。

 

 

ちなみに当時は皆同じ地区の敵同士だったのですが

社会人なってダブル組んだりしてます

藤沢オープンでは

綾瀬高校OB&相武台高校OBの謎のチームだったりしました。

バーガンディ、ブルー、オレンジ

➕イエロー(自分)でなんか戦隊モノみたいになっていたり。。。

 

 

 

 

次は青森!弘前から岸君

 

 

アクアブルー

本人も言っていましたが

意外と目立つんですよこの色

腹部のデザインもこんな感じなので、よくあるパステルカラーの優しい服とは違って

なかなかない雰囲気になっていたり、、、

これから敗者審判でしょうか・・・

 

でもやりきった感!

爽やかな笑顔です!

 

 

次は同じくペン表の同志

東京から

竹原君

チームはシックスワンだから横浜の試合によく出ているのかな??

彼はバーガンディ

インナー着用して大学生にいそうな組み合わせですね。

 

それにしてもバーガンディは人気

川波衆でも多いですし、この色は今現在Sサイズ以外在庫ないんですよね・・・。

 

写真ある分だけ違う色も載せていきます

 

ピンク

オレンジ

Vネック ネイビー

 

写真あるのはこんな感じでしょうか・・・。

 

よかったら参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみになんですが

このリバーズのマーク

川っていう文字とRIVERSの頭文字 R

からできています。

 

 

是非マークと一緒に覚えておいてください!!!!

 

リバーズオリジナルT購入はこちらから

 

 

さて、次は何を作ろうかなぁ・・・。

川波衆の紹介

こんばんわ

リバーズの野口です。

今日は私のチームの紹介をします。

じゃん!

川波衆

拠点が愛知県江南市

結成1年ちょい

現在正規メンバー18名

18歳~30歳

という感じです。

名前は過去のブログでもチラッと紹介していましたが、、、。

今回は語ります。

まず卓球に限らずなんですが、

スポーツって

人とのつながりが一番の魅力

個人的に思っております。

卓球は個人競技

といえど、

やはり

人とのつながりがあってこそ楽しさが生まれると思います。

ボール打ち合うこと自体も楽しいんですが、

そういう

“人と人のつながり”

の意味でも

卓球を楽しめる環境が

自分自身ほしかったし

そういう環境で地元のみんなに卓球をやってもらいたい!

欲張ったことを申しますと、

どこにでもある田舎、この故郷で

自分や周りの皆にとって一番楽しい場所をつくりたい。

高校のコーチをやっている自分として、生徒が卒業後も仲間たちと色んな分野で刺激をもらって切磋琢磨してほしい。

などなど

色んな意味も重なってつくっています。

なので

卓球をがっつりやるメンバー

全然やらないメンバー

いますが、

週1の全体練習だけは真面目に基礎練からみんなでやって、、、

あとは

卓球関係なしでみんなでごちゃまぜで楽しむ精神で。。。

というようなチームです。

もちろんそうなってくると

メリハリ大事なので、

そこは監督としても引っ張っていく考えでやっています。

チーム名に関しては

江南市拠点で、尾張地区中心の集団というのもあり

“川並衆(信長とか秀吉とかの時代、この江南市付近にはそういう集団があったといわれる)”にちなんで

川波衆

そんな感じです。

ここでちょこっと

今までの活動を写真で紹介しようと思います^ ^

大阪行ったり。

岐阜の高山いったり。。。

スノーボード行ったり。。。

京都へ出かけたり・・・。

地元でBBQしたり・・・。

で、肝心の卓球

卓球はこんな感じで

練習

試合・・・

インターハイ出場・関東学生の名門出身がいたり・・・

高校から卓球始めた子も。。。

子供が生まれて今年一回しか卓球していないような人も・・・

ギター作りで忙しい職人さんもいれば市役所勤めもいます・・・・。

あと出身地だって東北や関西など様々です。

やっぱり人とのつながりっていいですよねー。

バラバラなところもまた楽しい

いい刺激もらえる

自慢のチーム。

みんながみんな同じ方向を向いているチーム

強いと思いますが、

いろんな分野の人が集まって

卓球をきっかけにいい汗かいて

たまに同じ目標をもったりして

卓球以外でも遊んで・・・

そういう幅のあるチームっていいなと思いました。

もちろん今まで以上にもっといいチームにしたいです。

地元盛り上げたいです。

川波衆に限らず全国各地

雰囲気の良いチームはたくさんあります。

雰囲気の良い理由もたくさんあります。

うちみたいなチームもあれば

本当に強くなりたいチームもある

同じくらいのレベルで楽しく打ちたいチームもある

色々な形で卓球を楽しんでいる

でも、

人と人のつながりはどこ行っても大事

いちスポーツとして間違いないです。

卓球が盛んになってどんなに日本の卓球のレベルが上がって

技術がどんどん革新的になっても

人と人の繋がりは卓球の楽しみである

ここは絶対変わらないと思います。

というかこれは絶対スポーツの良いところです。

当店リバーズは卓球のそんな一面を応援したいです。

いろんなチームの話聞いてみたいです。

コメントもメールもお気軽にどうぞ。

またちょくちょく川波衆の活動をこちらにも残していこうと思っています。

読んでいただきありがというございました!