フレアストームⅡ(BUTTERFLY)の特徴

 

こんばんわ

リバーズの野口です。

 

ブログしばらく空いちゃっていました。すみません。。

先日、大会で

ブログ読んでますよ

と数名に言われました

 

 

 

恐縮です。。。

 

 

 

 

さて、

今日はフレアストームⅡの特徴を個人的な意見で掘りさげていきます。

 

 

 

今回使用したのは

フレアストームⅡ アツ(1.9)

過去に特厚も使ったことがあります。

 

 

やや硬め

縦目のラバーになります。

重さは表にしては重め。

 

 

テンション系ですが

おそらく硬めな理由もあり落ち着いた印象。勝手にぶっ飛ぶ感覚はないです。

使いやすい程度に飛ぶ

このラバーの良い点はバランスの良さだと思います。

 

 

例えばラケットに当たった時のボールの飛んでいく角度

回転のかかる(シートの摩擦の強い)ラバーはやや上方向に飛びます。

逆にスリップしてしまう様なラバーは下に落ちます。(その分回転の影響を受けにくかったり、弾きやすかったりします)

 

フレアストームⅡは上でもなく下でもなく、素直に前に飛んでいく感触でした。

 

実際に表としてはやや回転がかかるものの、表らしさは維持されています。

強いインパクト時にしっかりパワーが伝わる感覚もありながら、表の打球として飛んでいきます。

(伸びない、低い、少し落ちる など)

 

逆に変化(ナックル)に関しては

表としてはやや出づらい感覚です。

 

もちろん、裏の打球として相手がブロックすると落ちたりタイミングがずれたりしますが、

押し込む打ち方をしてナックルで得点する、というタイプには向かないと思います。

 

止める技術に関しても多少やりやすい程度です。

 

 

トータル的にみて

特別尖った長所はありませんが

使いやすさ、表らしさ、回転、

非常にバランスが取れているラバーです。

 

 

フォアでもバックでも一枚でも

幅広い使い方ができるラバーです。

 

もっと表らしくするなら高弾性だったり

もっと回転が欲しければ回転系・横目のラバーを選んだり

 

ある意味中間的なラバーなので

ここを基準に選んでいくのもアリかと思っています。

 

 

 

個人的に欠点をあげるとすると

寿命でした。

 

 

 

あと噂ではチャックを塗ったオリジナルTバージョンなんて言われ方してますよね。(今の世代はわからんと思いますが)

 

新品は確かにそんな感じかも、、、です。

 

 

是非、参考にしてみてください

フレアストームⅡの購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは必ず返信する様にしておりますが、

稀に送信できないアドレスがあります・・・

下書きとして残しておりますので、心当たりのある方は再度別のアドレスで送っていただけると嬉しいです。

今後も用具相談、その他相談なんでもおまちしております!!

 

よろしくお願いいたします!

 

スピネイト(YASAKA)の特徴

 

こんばんわ

リバーズの野口です。

 

 

 

前回に引き続き表ソフトラバーの評価をしていきたいと思います。

 

前回は3種類の比較をざっくり行いましたので、

今回は単品です。

 

 

スピネイトの特徴を

個人的な意見で書いていきたいと思います。

 

 

 

横目のラバーですね。

重量は表の中でも軽めだと思います。

 

 

使ったのは

スピネイト特厚

あと過去に厚も使ったことあります。

 

使ったラケットは

ライタン(JUIC)、アクアブレード(DARKER)

 

 

さて、

第一印象は

 

柔らかい。

 

スポンジ硬度

硬度:37~42度(メーカー)

となってますが、

打球感、ここまで柔らかい感覚あるのも個人的にはあまりないと思います。

シートの絡みもあるのかな。。。

 

 

柔らかいので

簡単に飛びます。

使いやすい範囲で弾む。

 

ただし、

強いインパクトの際、柔らかさがエネルギーロスを生む感覚もありました。

思いっきり叩いても、そこまでスピードが出ません。

 

 

あまり力のない方、合わせる打ち方が主流の人にはいいかと思います。

 

 

回転という側面では

柔らかい、食い込みが良い分

自然と上回転がかかります。

 

フォア打ち等で自然と放物線になり、軽くドライブかけると素直に伸びる球になります。

これに関してはブロックした側もよく伸びると言っていました。

 

では裏に近いかというと。。。

 

そういうわけでもなく

押し込めばナックルになります。

打点を落としてドライブは思ったより持ち上がらない。(表の中ではやや持ち上げやすい方ですが。。。)

 

というのもシートが柔らかい(コシがないような感覚)からでしょうか

よく食い込むので掴んでいるとは思いますが、あまり、シートで引っ掛けるという感覚にはなりません。

 

 

表面でこするような打ち方をすると

表らしくよく滑ります。

 

逆にそこは表らしい弾道が出ます。

 

 

例えば

台上のフリックやのっけ打ち

ゆるいつなぎをすると相手の回転が残ったりして

ブレるわ揺れるわという

いやらしさ

ありますね。

 

 

普通に打つとナックルにならない割には

レシーブなど

あまり食い込まない場面での

相手の回転の影響は受けにくい方だと思います。

 

 

 

 

 

そういう意味で

使いやすさと

いやらしさを

兼ね備えているラバーだと思います。

 

 

自分はペン表ですが、

攻撃的なプレーをしたいので

もう少し弾きが良いラバーが好みでしたが

 

 

シェークのバックなど

安定感とちょっとした変化を求めている方には

オススメしたいです。

 

 

近いラバー・・・というと

あまり思いつきませんが

強いていうならタンゴウルトラ(JOOLA)の金属音弱めた感じ

ちょっとだいぶ前の感覚なので微妙ですが

これが比較的近いかと思います。

 

 

 

購入はこちらから