シンメトリー

 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。

 

本日は用具レビューやります。

今回のラバーはこちら・・・。

 

 

スティガのシンメトリー

 

スティガの表ソフトといえばクリッパが有名ですね。

ロイヤルというのもあったと思いますがクリッパしか使った事なかったです。

 

ちなみにクリッパはMDスピンピップスとなんら変わりないような感覚でした。(当時中学生)

今使ったら・・・多分チャックないとえらいんじゃないかなー。。。

というか今時の子たちはチャック塗りたくる光景知らないんですよね。

あれはカオスです。

 

さて。

シンメトリーですが、わりと新しめなラバーでしょうか。

 

なんか発売予定日を何度も何度も延長して発売された経緯があったような気がします。

パッケージも変な色だしスティガの表ソフトだし、

正直当時からあんまり期待していなかったです。

シェークのバック向け みたいな偏見が勝手にありました。すみませんでした。

 

 

私、2019年8月に

ラケットをカーボネード245(スティガ)の中国式に変更して、

その時スピンピップスブルーの厚を貼ったんですが、

個人的にはとてもとても扱えるものでなく。。。(理由はよくわからないけど本当にダメだった。時々飛ぶし時々飛ばないし掛からないし予測不能だった。理由はわかりません。正直スピンピップスが悪いとは思えないので。。。)

 

手元にあったフレアストーム厚もなんとなくイマイチ。。。

 

うーん

多分、ラケットがぶっ飛ぶし硬いからかなあー。

と判断して、

食い込みやすい柔らかいラバーを探す

そして

次に試したシンメトリー特厚がとっても感触良くて

現在に至ります。

 

 

 

カーボネード245に

シンメトリー特厚

マントラS中厚

 

スティガ一色

両面同じロゴでなんとなく落ち着きます、というか統一されたの私の人生の中で初なのです。地味に嬉しい。

 

 

シンメトリーの第一印象は、

 

柔らかくてよく食い込んで、綺麗な弾道で入る。

球持ちの良さは表ソフトでもトップクラスだと思います。

スピネイトより掴む。

102とか103に近いです。

 

使いやすい、裏ソフトほどではないですが勝手に上回転かかります。

弾まない、止めやすい、くせがない、とにかく柔らかい。

 

近いものとして

VO103

柔らかさで言ったら全然違いますが、

弾力性や回転性能など性能的には近いものを感じます。

 

103が柔らかいとこうなる気がします。。。。

 

意外とシートの引っかかりもいいんですよ。

 

食い込ませても、表面でもドライブがかかるのは攻めるとき安心です。

この感覚はすごく良いです。

 

自分は振りが平凡なのか比較的どんな表ソフトでもくせ球が出ない人間ですが、(薄とか中になると打ち方変わるので話は別です)

このラバーは本当にナックルにならないです。(滑りもしない)

 

薄くすればまだ多少なるとは思いますが、

これ(特厚)でナックルにできたら裏ラバーでもナックルにできると思います。多分

 

それでもやっぱり弾道などボールの質で言ったら裏のボールとは当然違うようですが、

表のいやらしさを武器にしたい方にはオススメしません。

 

フォア面にしろバック面にしろ裏に近いプレーをする方

尖ったプレーではなくブロックもつなぎも大事にする安定志向の方のが合いそうです。特に特厚はとても攻めやすいので自分から攻めていくプレーに合いそうです。

 

 

他の部分でいうと

 

重量はフレアストーム厚と同じかやや軽め

軽いけど柔らかいわりにそこまで軽くない。

 

ブロックはしやすい、変化はない。ただただ安定する。

 

サーブは普通にかかる、この辺も103に近い

 

台上しやすい、この辺も103に近い、食い込むけど抑えられる。

 

弾みはないから攻撃は安定するけどラリー必須。この辺も103。

 

ドライブの引っかかりは103よりかかる

ミート打ちは103のがしやすい。柔らかすぎて弾きにくさはあるかも。タテ目の中ではかなり弾きにくい位置付け。スピネイトくらい。

 

回転の影響は受けますけど勝手に飛んでくようなラバーじゃないのでまだなんとかなる。

 

 

 

個人的には今はレッスンばっかりなのでこのくらいが調度良いです。

アウターのラケットと合わせているから角がなくなって使いやすいのかも

普通に楽しいです。 

 


 

 

 

ハモンドFAスピード(nittaku)について

 

こんばんわ

リバーズの野口です。

 

今日は久しぶりにラバーについて書きます。

nittakuより

ハモンドFAスピードです。

 

ハモンドって響きがもはや懐かしい。。。

今となっては、某店の入門用ラケットに貼られてたりしてますね。

スピードのないハモンドFAもちらっと使いましたが、打球感がポコポコしていて変だったことくらいしか記憶にない。。。あと弾まないとか。。。。

 

 

話が逸れましたが

今回使ったのは

ハモンドFAスピード 赤 MAX

3月下旬より現在進行形で使用しております。

大会も出てます!

 

ちなみに今回よりラケットは

レボフュージョンMF R8.5

 

木曽檜3枚合板で板厚が8.5

柔らかくて、反発力もあって、何より厚さを感じます

合板の中では単板に近い感触かもしれません。

とはいっても合板は合板です。。。

そこまで掴む感覚もなく、そこまでぶっ飛ぶ感じもないです。

 

 

メーカー表記ではミッドですが、感覚的には普通にパワフルな飛ぶラケット

あとnittakuの角丸らしくこぶりなラケットです。

両面ラバー貼っても振りやすい。

 

ちなみに裏面にはマントラHの厚を貼ってます。

マントラHは全てが好きです。以上。

 

 

 

 

 

 

さて、まず打った第一印象

柔らかい!

意外と飛ぶ!

 

正直、長らく貼っていたVO103が硬めで弾まなかったから

というのも影響してますが。

 

 

高弾性らしからぬ弾力性です。

 

硬さが違うから感触は違いますが、

フレアストームくらいの弾力を感じます。

 

そして2週間くらいは金属音が鳴ります。

 

他には

柔らかいというのもあり、

滑って落ちる感覚はほぼないです。

 

食い込む分、適度な上回転は乗ります。

角度をシビアに考えなくても、打球時に食い込んでからなんとかできる感覚もあります。

 

シートに関しては引っかかりのない部類

サーブやドライブで、がっつりかけたりは難しいのに、

ショートやスマッシュの技術も食い込んでしまう分自然とナックルになることはないです。

 

この柔らかさだとナックル出したい方は薄めの厚さにしないと難しいかもしれないです。

 

他特筆すべき点として

台上のやりやすさがあります。

 

久しぶりのテンション以外のラバーだからでしょうか。

台上や止めたい場合には、しっかり止まってくれますね。

普通に打つ分には弾むし金属音でるし食い込むし、、なのに!ってところが良いです。

 

また先ほども書きましたが、

シートの引っかかりのなさもポイントで、

台上のレシーブはこのラバーの武器になると思います。

ストップが本当にやりやすい。

 

自分の場合なんかVO103から弾みは欲しくてラバー変えたけど、

台上も同じようにやりやすいって素晴らしいですよね。

 

 

他のラバーとの比較でいうと

弾み102>スピネイト>ハモンドFAスピード=フレアストーム2>ヘキサーピップスフォース>103≧VEGA SPO

回転(シートの強さ)102>スピネイト>フレアストーム>ヘキサーピップスフォース≧103>ハモンドFAスピード>VEGA SPO

 

※回転に関しては特に、打法によりかなり差が出ます。103なんかドライブはしっかり球を食いつかせるので102に次いでシートの引っかかりを感じたりします。あくまで参考程度に。。

 

 

 

ちなみに軽さは軽め、

寿命は2ヶ月でだいぶ来てますが、、妥協すれば使える、短くはないって感じです。

 

 

自分は弾みが欲しいのでMAXを使っていますが、

厚さを下げると正統派らしい表らしくなる気がします。

 

柔らかさに関しては好みですが、ラケットは硬めのが相性良さそうですね。

台上があれだけやりやすいと、なかなか次のラバーに困るかもです。

 

個人的には結構振っていくスタイルなので、本当はシートの引っかかりは欲し行けど。。。

台上とか裏面との連携を考えると、ありなのかなー思ってもう少し使って見ます!

 

ぜひ参考にして見てください。