スピネイト(YASAKA)の特徴

 

こんばんわ

リバーズの野口です。

 

 

 

前回に引き続き表ソフトラバーの評価をしていきたいと思います。

 

前回は3種類の比較をざっくり行いましたので、

今回は単品です。

 

 

スピネイトの特徴を

個人的な意見で書いていきたいと思います。

 

 

 

横目のラバーですね。

重量は表の中でも軽めだと思います。

 

 

使ったのは

スピネイト特厚

あと過去に厚も使ったことあります。

 

使ったラケットは

ライタン(JUIC)、アクアブレード(DARKER)

 

 

さて、

第一印象は

 

柔らかい。

 

スポンジ硬度

硬度:37~42度(メーカー)

となってますが、

打球感、ここまで柔らかい感覚あるのも個人的にはあまりないと思います。

シートの絡みもあるのかな。。。

 

 

柔らかいので

簡単に飛びます。

使いやすい範囲で弾む。

 

ただし、

強いインパクトの際、柔らかさがエネルギーロスを生む感覚もありました。

思いっきり叩いても、そこまでスピードが出ません。

 

 

あまり力のない方、合わせる打ち方が主流の人にはいいかと思います。

 

 

回転という側面では

柔らかい、食い込みが良い分

自然と上回転がかかります。

 

フォア打ち等で自然と放物線になり、軽くドライブかけると素直に伸びる球になります。

これに関してはブロックした側もよく伸びると言っていました。

 

では裏に近いかというと。。。

 

そういうわけでもなく

押し込めばナックルになります。

打点を落としてドライブは思ったより持ち上がらない。(表の中ではやや持ち上げやすい方ですが。。。)

 

というのもシートが柔らかい(コシがないような感覚)からでしょうか

よく食い込むので掴んでいるとは思いますが、あまり、シートで引っ掛けるという感覚にはなりません。

 

 

表面でこするような打ち方をすると

表らしくよく滑ります。

 

逆にそこは表らしい弾道が出ます。

 

 

例えば

台上のフリックやのっけ打ち

ゆるいつなぎをすると相手の回転が残ったりして

ブレるわ揺れるわという

いやらしさ

ありますね。

 

 

普通に打つとナックルにならない割には

レシーブなど

あまり食い込まない場面での

相手の回転の影響は受けにくい方だと思います。

 

 

 

 

 

そういう意味で

使いやすさと

いやらしさを

兼ね備えているラバーだと思います。

 

 

自分はペン表ですが、

攻撃的なプレーをしたいので

もう少し弾きが良いラバーが好みでしたが

 

 

シェークのバックなど

安定感とちょっとした変化を求めている方には

オススメしたいです。

 

 

近いラバー・・・というと

あまり思いつきませんが

強いていうならタンゴウルトラ(JOOLA)の金属音弱めた感じ

ちょっとだいぶ前の感覚なので微妙ですが

これが比較的近いかと思います。

 

 

 

購入はこちらから

 

 

スピネイト・ヘキサーピップスフォース・フレアストームⅡ、表ソフト比較!

こんばんわ
リバーズの野口です。

 

今日はラバーの紹介をします。

 

現在ウェブストアにて販売している表ソフト
(※取り寄せ商品を除く)

 

スピネイト

 

フレアストーム2

 

ヘキサーピップスフォース

 

 

という
テンション系表ソフトの三種類

 

こちらの比較をやっていきたいと思います!

 

 

まずは、

それぞれのメーカーの説明と特徴から

 

 

 

 

 

 

 

スピネイト

回転力を強化するSTS(スピンテンションシステム)を搭載した表ソフトラバーです。十分な反発力を持ちながらも横目の粒が強いスピンを生み出し、コントロール性能にも優れ、リーズナブルな価格も魅力的な万能型ラバーです。

 

です。

 

実際に評判も

 

適度に回転がかかる
適度にナックルがでる
そこそこ弾んで使いやすい。

 

というような声をよく聞きますね。

 

で、
私が実際に使った印象

・柔らかい
・回転がかかる

 

こんな感じです。

 

 

インパクトで弾く様な打ち方より
食い込ませる打ち方がマッチします。

 

スポンジが柔らかいため強いインパクトで打つと
思ってるより飛ばない、思ってるより掛からない。
という一面もありました。

力のない方、軽打で攻める方に合うように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

次に

 

ヘキサーピップスフォース

トッププレーヤーが求めている硬めのスポンジをヘキサーピップスのトップシートと組み合わせた。破壊力、スピード、耐久性、コントロール性と全て一流レベルの一級品。

 

あまり使用者にお会いしたことはありませんが

ネットを通じてよく聞く評判は

 

・硬い、
・意外とかかる

こんな感じでしょうか。

 

私が実際に感じたのは

・硬い。
・良くも悪くも表ソフトらしい。(縦目時)
・かかる(横目時)

という感じでした!
過去のブログでも少し取り上げています

 

スポンジが硬い分

スピネイトとはうって変わって強いインパクト向きのラバーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一枚

 

 

フレアストームⅡ

打球スピードが非常に優れており、その破壊力は『フレアストーム』を凌駕。また、直線的な軌道にも磨きをかけました。さらに、軟らかめの設計により、台上や守備にもすきをつくりません。『フレアストーム2』は進化したスピード系ハイテンション・表ソフトラバーです。

 

過去に販売されていたフレアストームの後継モデルの様な書かれ方ですが。。。

 

評判を聞くと

 

・バランスが取れていて回転もかかり押せばナックルも出やすい
・弾む

そんな声が多いです。

私自身の感想は

 

・非常に回転とナックルのバランスが取れている。
・少し硬め

 

過去のブログでも少し取り上げました。

前陣で攻撃的プレーを行う方にオススメしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて
現在ウェブサイトにも掲載のあるこちらの3点は

どれも数ある表ソフトの中ではオススメの商品です!

 

 

 

 

 

もっと深く紹介したいのですが、

まず、ここでは

 

それぞれ深く掘り下げる前に

 

比較を書いてみたいと思います!!

 

 

 

 

ここからがこのブログの本題です!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは弾み
軽打
スピネイト>フレアストームⅡ>ヘキサーピップスフォース

 

強打
フレアストームⅡ>スピネイト>ヘキサーピップスフォース

 

あえてスイングスピードを分けて比較しています。

スピネイトは柔らかい分ボールが食い込みやすく、弱いインパクトでも飛んでくれますが、ある程度スイングスピードを早くすると思ったより飛ばなくなります。

 

フレアストームⅡはコシのあるスポンジが強打時にはしっかりとした弾みを作ります。

 

ヘキサーピップスフォースは比較的弾みは抑え気味です。
スポンジが固すぎるのかもしれません。

 

ちなみにですが、ヘキサーピップスフォースは横目を選ぶと球持ちが良くなり、下に落ちる感覚が少なくなる分、縦目と比べてよく飛ぶ感覚になります。

 

 

 

 

次に回転です

スピネイト>フレアストームⅡ≧ヘキサーピップスフォース横目>ヘキサーピップスフォース縦目

 

この様な感じです。

普通にフォア打ちをした際、球が伸びる(裏に近い)と感じるのはスピネイトです。

 

ドライブもよく伸びます。

 

フレアストームⅡとヘキサーピップスフォース横目は表として見るなら掛かる方だと思います。

 

縦目のヘキサーピップスフォースはフォア打ちで相手が嫌がるかもしれません
表らしい低くて伸びない弾道が自然と出ます。

 

ちなみにフレアストームⅡは縦目です。

縦目でもループドライブでしっかりと球を掴む感覚がありますね。

縦目で台形+円柱の粒なのですが、シート自体のグリップ力は高い気がします。

 

 

過去に出ていたエクステンドPOにも似ているかもしれません
(エクステンドPOよりはやや硬めですが)

 

 

 

 

 

他の比較はこんな感じです。

硬さ(硬い順)
ヘキサーピップスフォース>フレアストームⅡ>スピネイト

 

重さ(重い順)
フレアストームⅡ>ヘキサーピップスフォース>スピネイト

 

台上のやりやすさ(やりやすい順)
ヘキサーピップスフォース>フレアストームⅡ>スピネイト

 

球持ち(球持つ順)
スピネイト>フレアストームⅡ≧ヘキサーピップスフォース横目>ヘキサーピップスフォース縦目

 

こんな感じでしょうか・・・

 

ざっくりとした比較はここまでで、

また次回の商品紹介のブログの際

それぞれの特徴をより掘り下げていきます!

 

 

ではお楽しみに!