カッターを使用したラバー切りについて

こんばんは!

リバーズの佐藤です。

本日は、カッターを使った、ラバー貼り替えの際のラバー切りについて書きたいと思います!

 

ラバーを貼り替える際の、ラバーを切る道具としましては、裁ちばさみやカッターを使っている方、裁ちばさみではない、普通のはさみを使って切る方、またはお店に頼んでいるので、自分で切ったことがない、という方、いらっしゃると思いますが、今回はカッターでのラバー切りです。

それぞれの良さがあると思いますので、一つの方法として、ご一読ください。

 

 

今回使用するカッターはこちら、八幡ねじさんの、ゴムスポンジカッターです!

曲線カットが超カンタン!

 

 

期待が持てますね!

 

 

 

開けて見た所、刃の部分がワンタッチでしまえる様になっていて、収納する時にも良さそうです。

 

 

では早速、切っていこうと思います!

 

 

私は今回、カッターを使ったラバー切りが初めてだったので、自分のラケットを使って切り進めていきます。

 

裁ちばさみと比べると結構、力がいりますね。

 

力を入れずに切ると、スポンジの部分だけ切れてしまい、ゴムの部分が少し切れていない状態になります。

 

 

力を入れつつ切り進めていくと、

 

 

 

 

初めてでも、綺麗に切れました!

 

 

 

断面も綺麗です!

 

 

ラバーを切る際に一般的な、裁ちばさみの場合、初めてだとはさみを開く時に継ぎ目が出来てしまって、ガタガタになるなんていう事があると思いますが、カッターは一回で長く切れる分、初めてでも比較的綺麗に切れたのかなと思います。

 

また、一般的に売られている裁ちばさみに比べ、価格が安いことも特徴です。

 

ただし、裁ちばさみと比べ切る際に力が必要ですので、女性や筋力に自信のない方は特に、裁ちばさみで慣れるのが一番かな、というのが現状での個人的な感想です。

 

カッターでのラバー切りが気になる方は、一度、試していただければと思います。

 

 

当店でも取り扱い開始しました!
ゴムスポンジカッター

 

 

それでは、以上、カッターを使ったラバー切りについてでした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

用具と技術【初心者編】

こんばんは

リバーズの野口です。

 

 

 

たまには卓球の話をします。

 

 

 

技術と用具

 

について。

 

今日は初心者編。

 

 

 

卓球の技術について色んな理論があるわけですが、

 

理論がたくさんある点では、用具についても同じことが言えると思います。

 

 

 

 

いろんな考えがあるので

まずはあえて自分の考えをここでは書こうと思います。

 

 

自分は用具について、

 

 

 

技術に伴って用具を変更する

 

そういうものだと思っています。

 

 

 

 

 

 

初心者は初心者向けのラバーやラケット
ありますよね。

これは

・価格が安い、

・技術的に良いものつかう必要がない

という理由だけではなく。

 

 

あまり弾まないメリットとして

ボールタッチ(抑える感覚や、自分の力で飛ばす感覚、角度の合わせ方などなど)

これが掴みやすいです。

 

 

 

 

やはりそういう基本というか

根本的な部分

これを覚えることで上達した先でのプレーの幅は違ってくると思います。

 

 

 

 

当然、

それは上達とともに変更する必要も生まれてくるわけで、

やはり、いつまでも初心者向けのものを使ってると

 

いつのまにか勝ちにくくなってた、

気づけばまわりと差が生まれてた

 

なんてこともありますので
上達に合わせて回転力やスピードは徐々にグレードアップしていく必要ありますね。

 

 

 

 

ラケットやラバーの種類だけでなく
細かいこというと

 

ラバーの厚みはそういう観点から非常に重要な要素かなーと思います。

 

 

 

 

 

 

僕も中学になって卓球を始めた頃は
ハモンドのウス
使ってました。
ラケットはたしかドライバー900というラバー貼りラケットだったと思います笑

(謎にラバーを貼り替える光景に憧れました笑)

まわりではいきなり特厚ラバー使う人もいましたが
ウス使ってた分弾く打ち方なんかは自然と身についた気がしますね。

 

ラケットに当たる感覚、
ラバーでこする感覚
食い込ませたり、
薄く捉えたり、

 

このへんの感覚は
なかなかラケット握りたての頃はピンとこなかったりしますので
当然感覚が掴みやすいものを使う必要があると思います。

 

 

 

 

 

いや待て!いずれ高性能なものを使うんだから最初から高性能なもので感覚を磨けばええやないか!

 

と、

いう

 

 

考え方になる方

 

 

 

 

気持ちはわからなくもないのですが、

実際にこのボールタッチ感覚ができてしまえば、高性能なものに変えた時の順応も早いので

いきなり高性能なものを使わなくても(むしろ使わない方が)

最終的には使いこなせるまでに早かったりもするんです。

 

 

 

 

もちろん
はっきりと

 

このラバーのこの厚さ使え!

とは断言しません。

が、

 

 

ラバーは少し柔らかめで、弾みすぎなくて、薄め

 

が経験上間違いないと思っています!

 

 

正直ラバーに関しては、

ある程度ラバーの性能が高くても

薄か中にしておけば基本弾みすぎることはなくて

コントロールしやすいと思います。

一応硬すぎるものだけは注意が必要だと思いますが、、、

 

 

 

 

そういう感覚がついてから
回転力のあるラバー、弾むラバーに変えると

変えたラバーの凄さにも気づけて感動もひときわ大きいはずです!

 

 

 

さらに個人的な考えを言うと

戦型を考えるのもここからかなー

 

どの戦型いくにしても

この感覚は欲しい気がします。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

うちの現在置いている商品の中で一番当てはまるのは

ヴェガ・ヨーロッパ

かなと思います。

非常に柔らかく使いやすいことで有名です。

また、特別な癖もなく、初心者が使ってもいいなーと思いました!

あくまでも余談とちょっとした宣伝です笑

 

 

 

 

こんな感じのラバーに

ラケットは木材!癖のないものがいいですね。

 

 

 

それで一番大事なのは練習です。

 

 

なかなか指導者がいないと全面練習ばかりしていまいそうですが

 

 

 

しっかりボールをコントロールすること

それから多球練習でたくさん球を打つこと

たまつき、ボールキャッチなど器用なことに挑戦してみること

うまい人のプレーや動きを目に焼き付けて自分のフォームに照らし合わせてみること

 

 

これ以上書くととても長くなってしまうので

 

こんな感じでしょうか・・・。

 

 

 

コメントいただけたらお答えもできる範囲でしようと思ってます。

参考になる点がございましたら、是非参考にしてください。

読んでいただきありがとうございました!